親知らずの歯を抜いた経験談

NAVIGATION
親知らずの歯を抜いた経験談

親知らずの歯を治療するにあたっての不安

歯の治療となると、やはり一番不安に感じるのは親知らずの治療ではないでしょうか。親知らずの治療となると、歯を抜いた後の大きな穴を縫ったり、その後抜糸したりという処置やそもそも親知らずが顔が腫れてしまうほどの耐えがたい痛みであったりと多くの人は不安に思い、また痛い経験をしてきたことだと思います。また、きちんと歯並びよく生えてきた場合でも、歯の一番奥に生える親知らずは歯磨きの際に中々手が届かず綺麗にブラッシングできないことなどを理由に虫歯になりやすいと言われています。また、そうなってしまうと虫歯の治療が難しいため抜いてしまうという処置が多くなります。または生える場所がおかしかったり、他の歯に悪影響のあるような生え方をした場合です。もちろん中には生えてこないという人もいます。それは親知らずが歯茎にしっかりと埋まっていて、横向きなどになっている場合です。

しかし、生えてこなかったり親知らずが無事に綺麗に生えたとしてもするべきことはあります。それが正しいブラッシングです。いつも当たり前のように正しいと思ってしているつもりでも、いざ歯医者で指導を受けると想像とは違っていたりもしますし、改めて自分はしっかりと磨けていなかったということを痛感します。きちんとしたブラッシングを行うことですでに生えている親知らずや、生えていなくてもそこにある隙間を綺麗にしておくことで虫歯は防ぐことができます。またそうすることで、親知らずの治療への不安も少なくなると思います。