親知らずの歯を抜いた経験談

NAVIGATION
親知らずの歯を抜いた経験談

親知らずを抜くのは虫歯になりやすいから。

抜くとき凄く痛いと有名な親知らず。生えているのに怖くて抜きに行けず、生えっぱなしにしているのは決して私だけではないでしょう。そもそもどうして親知らずって抜かないといけないのでしょうか?答えは結構シンプルで、虫歯になりやすいから。親知らずは奥歯なのでどうしても磨きにくく、磨き残しができててしまいます。するとそこで虫歯菌が繁殖して、結果親知らずが虫歯になってしまうことが多いんです。親知らずが虫歯になるとその周りの歯も一緒に虫歯になることが多く、最悪親知らずを抜かなかったせいで他の歯を抜かないといけなくなる可能性もあります。それなら最初から抜いておくことでそれを防ぎましょう、というのが一般的な考え方です。

それから日本人の顎は昔と比べると結構小さくなってきていて、親知らずがまっすぐに生えてこないことの方が多いんです。まっすぐ生えていない親知らずは余計に磨きにくく、虫歯になりやすいです。しかも親知らずはメリットが一つもありません。親知らずがあるから噛みやすくなるとか食事をしやすくなるとかってメリットは一つもなく、あっても何の役にもたちません。役に立つなら置いておくのも一つの手ですが、役に立つことが何一つなくその上虫歯になりやすいというデメリットがあるのなら、抜いてしまうのが一番安全かつ確実です。ただ絶対抜かないと駄目というわけでもないし、まっすぐ生えている場合はきちんと歯を磨けるなら抜かないこともあるみたいです。