親知らずの歯を抜いた経験談

NAVIGATION
親知らずの歯を抜いた経験談

なぜ大抵の人間は親知らずの歯を抜くのか。

親知らずの歯を抜いてしまう人間がたくさん存在します。一体何が原因で親知らずの歯を抜こうと試みるのか疑問を解決します。それにはいろいろと原因があります。まず親知らずの歯は一番奥にあるのでいざ歯ブラシで磨こうとしても綺麗にすることは困難なのです。歯の汚れが取れないので口臭が酷くなりますのでまわりに迷惑を被ります。汚れが取れにくい要因で虫歯になる可能性もあります。奥歯なので治療もしにくい状況です。次に親知らずの歯が成長し過ぎて歯肉に食い込んで激痛が走る可能性もあります。悪化すれば歯が歯肉を突き破って出血を伴うこともあります。これらを予防するために歯医者で抜歯をしてもらうのです。抜歯をしてもらうにも出来る限り早い頃に試みた方が無難だと思います。歯が成長しきってれば歯と歯肉が完全にくっ付いている状態なので抜歯しすると歯肉まで一緒に取れてしまうかもしれないのです。それに歯と骨も頑丈に出来あがってしまうのでより抜歯するのが困難になります。

抜歯は子供の頃に試みた方が後々楽になります。しかし、子供にとっては抜歯は想像出来ないので怖がると思います。大人でも躊躇する人もいます。なので親知らずの歯を抜かない方法もあります。必ずしも親知らずのトラブルが起こるとは限らないので、抜歯出来なくても普通の生活は過ごせます。親知らずの原因を解決するにはいくらかのリスクが存在しますが、複雑な問題が絡み合っていて解決するには簡単ではないと考えられます。